fbpx

JCbase

日本伝統文化の発信基地

1時間で面白くなっちゃう「変体かな」

1時間で面白くなっちゃう「変体かな」

難しいからこそ楽しい「変体かな」。
9/27(金)、JCbaseコミュニティー会員向け企画「変体かなを読み解き1up!」を開催しました。
いわゆる「万葉仮名」をなんとか自力で読み解いてみよう!という企画。当初は5人くらいでひっそり開催のつもりが10人の方にご参加いただきました。

二首の和歌とwebの五十音順の仮名文字一覧が今回の教材。まずは自力で考えてみてください!という言葉に「え~、全く分かりませんっ!」との声。シメシメ思惑通りです。読めないのが読めるようになるのが、今回の面白さ😊
間もなく みなさんは辞書を片手に静まり返っていました。しばらくすると半分くらい読み解きが進み、周りの方と情報共有。みんな分からない所は同じ事を確認し合い一安心です!

後半は、和歌の作者「公家・中院通茂 (なかのいんみちしげ)」と通茂にちなんだ和菓子の紹介。通茂は当時としてはちょいと長生き。70歳のお祝いとして、黄門様「徳川光圀」より「福寿饅頭」が進上されたそうです。今回は虎屋さんにお願いして、現物をご用意してもらいました。ちなみに元祖は3倍くらいの大きさだそうですよ。

お菓子タイムの後の答え合わせでは、正解を聞いても「?」の文字も…。こんな時は元の漢字を聞いてみると「あ~!」という具合にジワジワと理解を進めていきました。最後に能の謡本(こちらも特色ある字体)を回覧すると満場一致で「めちゃくちゃ読める気がする!」とみんな自信満々?!不思議な感じで会を終了しました😁

一人では読み解きを諦めてしまう「変体かな」ですが、ワイワイ読み解くのも楽しいものです。また、ほんの少しでも読み解けると楽しみも広がります。好評につき、また開催しますので、一緒に1Up!目指しましょう!

書いた人

MAO
日本文化大好きリケジョ。
武家茶道上田宗箇流、仕覆制作、飾り紐、組紐などの手習いや自宅のベランダで茶花を育てる。
Return Top