fbpx

JCbase

日本伝統文化の発信基地

旅がらすの日曜日 ~社寺修復塗師の街並み散策日誌~ 愛知県 常滑市(後編)

旅がらすの日曜日 ~社寺修復塗師の街並み散策日誌~ 愛知県 常滑市(後編)

文化財・社寺修復を手掛ける塗師の旅がらすによるコラム長期連載です。シリーズタイトルは「旅がらすの日曜日 ~社寺修復塗師の街並み散策日誌~」。様々な季節、日本各地の街並みを探訪、古の遺構にも目を向け、社寺修復塗師ならではの視点で綴っていきます。肩の力を抜いてお楽しみいただければ幸いです。

新時代を築いたもうひとつの物語 ―伊奈製陶株式会社―

聞いたことがあるだろうか?
おそらく日本人ならば誰しもがどこかでお世話になったことがある。もしくは今もお世話になっているかもしれない。
常滑の陶工伊奈初之丞らにより、大正10年に創業された前身の伊奈製陶所は大正から昭和初期にかけ、新しい時代の建物を装飾する「建築陶器」を作り出すタイルメーカーのさきがけとなった。さらには衛生陶器いわばトイレの分野でも時代を切り開いたINAX(現LIXIL)こそ、まさにその会社である。
INAXライブミュージアムでは、常滑の陶磁文化が作り上げた多様な世界を体感することが出来る。町の様相とはまたひと味違った常滑の魅力が凝縮されていた。

Return Top